2020年2月23日 第37回 G1 フェブラリーS(フェブラリーステークス)
東京ダート1600m

人気は武豊騎手インティ、ルメール騎手モズアスコット、田辺騎手アルクトス
松山騎手サンライズノヴァ、幸騎手ヴェンジェンス。

展開の鍵を握るのは
武豊騎手インティと初G1長岡騎手。

昨年は深読み的にもレジェンド武豊騎手&非社台馬のキングに忖度したように見えたが…。

今年は初G1の若武者、更に地方馬も参戦で昨年と”空気”が一変も。
前回アップした動画のデータを見るとアルクトスの注目度が高いみたい。

↓に小倉大賞典についての一言書いてます。