函館1200のスプリント戦。

川田ダノンとレーンタワーオブ
は注目するとして、
穴馬のティーハーフとデアレガーロが
回避。

そうなるとこの馬の末脚を
考えるしかない。アスターペガサスだ。

2歳戦でどこまで参考になるかとは
思うが函館2歳Sの末脚は
まさに怒涛の末脚だった。

このメンバー相手にどこまでとは
思うが3歳の斤量とダノンの出方により
展開利があればチャンスあり。