当てなきゃ意味がない!~深読み競馬~

社台・非社台、ヤリ・ヤラズ。 人気のないヤリ馬が大好き。

当てなきゃ意味がない!~深読み競馬~ イメージ画像
非社台馬・社台馬・ヤリヤラズ深読みして、展開・予想してます。
YouTube動画投稿
twitter
レジまぐ配信
ランキング(リンク内に良い事書いてる時あります)

更新情報

◎5.グレイスミノル 開幕週ながら差しも決まらなくもない。 前からインの5番目あたりを確保できれば内から差し込めるとみた。馬連勝負。 更新:予想通りの位置取り、展開もOK。もらったと思ったが、直線伸びず。上がりの速い競馬は向かなかったか。

予想の記事に三連複取り、万馬券証明書を載せると書いたので載せます。 ルグランフリソンのおかげで三連複39360円つきました。いくら買っていたかは秘密です。 結果はしっかり証明しなければならない。これからもより良い情報発信していきます。
『先週土曜11R秋風S万馬券証明書』の画像

第1レースのサフラン賞はあえて 1・2番人気を外してみる。 アエロリット、アンバーミニーが来れば終わり。 最終レースはビッグアーサー 1点買い。

スプリンターズS・G1 予想はシンプルだ。 穴寄りの私でさえ、 人気馬に本命を打たざるを得ない。 最内に入ったが、問題なく 1.ビッグアーサーで大丈夫だろう。 ◎1.ビッグアーサー WIN5・一点買い予定 ただこれだと馬券に何も面白みがない。 だとしたら

このレースは簡単のようで難解である。 この中でG1裏出しのダノンハイパワー(ミッキー野田さんの夫馬主)とコロラトゥーレ(レッツゴードンキ馬主)の勝負気配を読み取る。 ◎5.ダノンハイパワー、◎7.コロラトゥーレの中穴2頭軸。 コロラトゥーラは単複に買いが一

混戦・秋風Sを考える。 土曜日中山メイン秋風S 素晴らしいメンバー構成。 人気拮抗、実力伯仲。 ロスカボス、ネオスターダム、グランシルク、ミッキージョイ、ストーミーシー、ペルソナリテ。 あえて狙いたいのがマイナス体重を前提として(プラス体重だと本命打

予想は簡単だ。 ◎マカヒキ 応援しよう、以上。 昨年まではこれで良かったが、 今年は違う。 馬券となると話は違う、マカヒキはもちろん応援するが。 続きはメルマガで、人気ブログランキングで。と言いたい所であるが、このブログは数年前に書いてたブログで

アルマンゾルは回避せず凱旋門賞出走か?→後にやはり回避発表 ぜひyoutube等で前走愛チャンピオンSを見てもらいたい。ファウンドの凄い末脚を更に上回る末脚で差し切っている。 前走のマカヒキを見てもそうだがシャンティは思いっきり切れたら勝てる馬場ではないだろ

G1がようやく始まりますね。 予想にも力が入ります。 ビッグアーサーで決まり? WIN5悩みます。 スノードラゴンはなぜ前走先行させたのか? シュウジ・ブランボヌールの力関係は? 考える事はたくさんあります。ただWIN5としてこのレースを考えた時はビッグア

今年から始まる馬券。 ブックメーカーとは異なるオッズ。 もちろんマカヒキは応援含め、世界的オッズより人気するだろう。ここにこの馬券の面白みがある。 マカヒキを買うのか、切るのか。これは難しい。先行馬、牝馬に注目しつつ勝負したい。

先週は1レース目に荒れましたね。あれは予想つかなかったので買わなくて正解でした。 今週はオールカマーと神戸新聞杯。 オールカマーはマリアライトとゴールドアクター。 神戸新聞杯はサトノダイヤモンドとエアスピネル。 この4頭をどう選択するかが重要になって

ローズS、セントライト記念をどう考えるか。 ローズはジュエラー、シンハライト セントライトはディーマジェスティ 圧倒的人気馬が順当に来るのか、飛ぶのか。 仮に両レース共順当決着だと他レースで荒れるのか。 非常に難しい。他レースも頭数少なく、全レース

馬体重増減なし、パドック他の馬よりは落ち着いてる。気配上々。 ★パーシーズベスト 複勝勝負。柴山でもヤリだ。 結果4着。うーん、もう少し。 ペースが上がり、ファータが捲り、狙い通りの展開。これで4着。 権利獲りのために勝負仕上げも届かずという所か。ここをリー

パーシーズベストという馬。 差し馬でなかなか強いと思う。 ただ岩田→浜中で柴山? 石坂厩舎で柴山騎手は聞いたことがない。勝負気配は薄いのか? レース展開はファータグリーンが捲ってくるのか? これはかなり重要だ。 先行馬多い中、ファータグリーンが捲れば、

競馬が大好きで毎週全レース見てる人ならピンとくるだろう。 先週2016年9月4日(日)新潟12R直線1000メートル。レース寸前に聞こえてきた放送「和田騎手から田辺騎手への乗替え…」13ミキノドラマーだ。 田辺騎手の1000メートル。頭にふと浮かんだのは数年前のエーシンヴァ

↑このページのトップヘ