絶対中穴反射主義!~逆襲競馬~

ペトルによる中穴に特化した競馬予想。 ぐりぐり本命1番人気馬より5・6番人気、9~19倍のオッズが 大好きな予想家。 メダルゲーム 『スターホース』 セガスポ◎が原点。 昨年一番の会心予想は阪急杯:◎トーキングドラム7番人気単勝25.7倍→1着 複勝980円 の的中。

絶対中穴反射主義!~逆襲競馬~ イメージ画像
ペトルによる穴馬中心の競馬予想。
主に勝負気配とトラックバイアス、直感から導くスタイル。
twitter
レジまぐ配信
ランキング

更新情報

阪神JF。将来の繁殖牝馬の価値を保証するレース。 今年は ノーザンF VS 社台F。 吉田弟ダノン、クロノ、ビーチ と 吉田兄シェーングランツ。 ダノンファンタジーは距離の壁というより仕上げ方がポイント。ただ中内田氏だとダノンプレミアムの件もあるし、抜かりな

阪神JF。社台馬から検討を始めるべきレース。 まずはグリグリの社台馬シェーングランツ。社台RH×藤沢厩舎×武豊×ソウルスターリングの下。 前走のアルテミスは予想以上の好走。ここでも1・2番人気になると思われる。 武豊騎手も前走の返し馬で珍しく厩務員に「

有馬記念。昨年タンタアレグリアが出走してたらなと残念がったレース。少し気が早いがキセキが様子を見て、有馬記念に出走する方向との事。注目度の高い馬だが、見ての通り東京1800→2000→2400と距離延長と出走毎に中竹厩舎移籍と川田騎手のコラボで徐々に力を付けている様

チャンピオンズC。社台VS非社台馬ダート決戦。ケイティとサンライズソアの馬体重は少し気になる所。前走がピークなのか、東京大章典まで余力を残したいのか。社台馬で絶好枠の◎2.ルヴァンスレーヴで仕方がない。穴勢で良いと思うのは★11.オメガパフュームと★12.ウェスタールン

チャンピオンズC。結局人気馬が強そうなレース。 ゴールドドリームの回避でルヴァンス、ケイティの2強対決に オメガ、ノンコ、サンライズ二頭がぶつかる。 ルヴァンスレーヴは3歳であり、才能豊富な社台馬。 アーモンドアイ同様勝たせたいなら絶好の2枠に入れてくると 思ってた

チャンピオンズC。中京1800は内外、前後どこが有利なのか。 枠順が確定した。眺めているとはっきりとしているのは非社台有力馬が並べられたという事。 7.サンライズノヴァ-8.ケイティ-9.サンライズソア。 近い時で並んだ例でいうとマイルCSの社台馬最内1・2・3枠→結果

JCはキセキに関する記事がアクセス数多かった事からキセキに注目していた人も多かったのではないだろうか。また先週から始めた今週の激ヤリ馬は2着へ来るも、オッズが想定よりかなり低くおかしいなと思っていたら、小宮城さんが公開&馬券購入していた模様。今週はチャンピオンズC

JC。直線が長く感じるレース。 先日の今週の激ヤリ馬は2着。良かった。 土曜京都でメイショウ2頭ワイドを狙ってみたが3・4着惜しかった。 件名のシュヴァルグランは3年連続の参戦。 3着→1着→今年は? 昨年はボウマンを迎えて驚きの1着。あのキタサンブラック

今日からスタート。今週の激ヤリ馬。勝負気配がプンプンかつ実力以上にオッズがつく馬。今週は土曜東京8Rより狙う。なんせ東京1600という舞台×馬主×騎手の勝負気配を凄く感じる。それでもっておそらく1番人気にはならないだろうこの馬。レジまぐを全く使ってなかったので久

JC。穴馬を探したいが、今年は人気馬中心。先日キセキについて今回好走可能かを述べた。http://last-horseracing-final.blog.jp/archives/27027618.html最終追切前はさすがにもう厳しいかと思っていたが、最終追切:CW馬なり51.9-37.4-12.0となれば、まさかの前走から状態が

JC、近年は最内枠が勝ってるレース。 今年はなんとその最内枠に1番人気想定のアーモンドアイが配置された。 偶然か必然かJRA的にはこのレースを勝たせたい馬を最内枠に配置してくるとは思ってた。 4年連続3着以内の1番枠であるし、 銀魂ジャスタウェイ→金子オーナー→サ

JC。社台馬の運動会レース。 今回は人気予定のスワーヴリチャードとサトノダイヤモンド。 スワーヴリチャードは前走がヤラズともいえる1.5秒差の10着。スタート不利からすでに今回は諦めたというような消極的な騎乗だった。 深く考えると最初からヤラズで来てて、

JC。社台が鍵を握るレース。 キセキ。毎日王冠で先行策から3着。天皇賞では逃げて3着。距離伸ばしてここではどうだ? まずこの馬は非社台馬。下河辺牧場。社台系の馬ではないため、ニシノデイジーじゃないが社台馬軍団とのバトルとなる。 個人的な感想では前走天

JC。近年のこのレースは最も社台の事を考えないといけない。 まず1番人気ほぼ確定のアーモンドアイ。 三冠牝馬。全レース上がり最速。 社台の事を考えると種牡馬として牡馬の価値を上げたい。昨年のシュヴァルグランもJC1勝だけで種牡馬としての箔がついた。ただ今年

↑このページのトップヘ